TOP > 部位別痛さのレベル一覧

部位別痛さのレベル一覧

身体の部位別に痛さレベルをまとめてみました!

ケノンで脱毛する際は、少なからず痛みが伴います。

痛みには個人差が大きく、また照射する部位によっても痛みはかなり違ってきます。

私(妻)と夫がケノンで全身を脱毛して感じた痛みのレベルを、部位別に以下の表でまとめていますm(_ _)m

※ 冷却パックで一切冷やさず照射した場合の痛みという意味です。しっかりと冷やせばどの部位でも、痛みはほとんどなくなります。また、照射レベルは最高のレベル10の場合です。

部位 痛さのレベルの目安
ワキ それほど痛くありません。
すね 全く痛くありません。
太もも 内ももはけっこう痛いです。
VIOライン かなり痛い部類に入ると思います。最も痛みを感じやすい部分だと思います。
膝小僧 全く痛くありません。
足の指 全く痛くありません。
足の甲 全く痛くありません。
おへそ周り まあまあ痛いです。
ほとんど痛みは感じません。
手の指 全く痛くありません。
ヒゲ(口周り) 夫曰く、かなり痛い(らしい)です。
ヒゲ(頬) 夫曰く、かなり痛い(らしい)です。
夫曰く、ほとんど痛くない(らしい)です。

ワキ・すね・太もも・VIOライン・膝小僧・足の指・足の甲・おへそ周り・腕・手の指・ヒゲ(口周り)・ヒゲ(頬)・胸と、痛みのレベルを私(たち)なりにまとめてみました。

「え~そんなに痛いの~!!」と思われたかもしれませんが、あくまでも冷却パックを一切使用せずレベル10で照射した場合の痛みなので、しっかりと冷やせば痛みはほとんど感じなくなりますし、レベルを下げても痛みは軽減できます。

ケノンを使用したことがある方なら、「全く冷やさないでレベル10でやればそりゃあ痛いよ(笑)」と笑われると思います。ケノンはそれほど出力が高い家庭用脱毛器なのです。

私は冷却パックでいちいち冷やすのはめんどくさいので、VIOラインや内もも、ワキなどの痛みを感じやすい部分以外は、冷却パックなしでやっています。

ケノンの痛みって、輪ゴムではじかれたような、痛いとも熱いとも言える独特の痛みなのですが、使っているうちに段々慣れてきて、はじめは冷却パックを使っていた部位も、そのうち使わずに照射するようになる部分もあります。

ただお肌のことを考えると、ケノン使用前使用後には、冷却パックを使用した方がいいようですけどね(^^;)メーカーも推奨しています。

私たち夫婦が毎日使っている脱毛器がこちら↓

私たち夫婦が実際に使用している家庭用脱毛器がこちらの"ケノン"です!脱毛サロンに比べ破格の安さで脱毛ができ、使いやすくてしかも脱毛効果が高いので、ムダ毛の処理に困っている方におすすめできます。ちなみに購入者の約4割が男性ですので、女性だけでなく男性にもおすすめです!

※ ケノンは偽物も出回っていますので、それほど値段が変わらないのであればこちらの公式サイトで購入した方が安心です!特に外箱にバーコードのないものは要注意です!

ページの1番上へ戻る

Copyright (C) 2013.9.6~ ケノンの効果を夫婦で検証! All Rights Reserved.