TOP > ケノンの脱毛情報 > 脱毛サロンとケノンのコスト比較

脱毛サロンとケノンのコスト徹底比較!

脱毛方法を選ぶ際は、費用も重要なポイントです。

脱毛は一度で終わるものではなく、満足のいく結果に仕上げるためにはある程度継続する必要がありますので、無理なく支払っていけるかどうかをしっかり考えなくてはいけません。

その点、家庭用脱毛器のケノンは非常にコスパが良いといわれていますが、最近は脱毛サロンもかなり低料金になっているため、比較が難しいと感じる方も多いと思います。

果たしてどちらが本当にリーズナブルなのか、脱毛サロンとケノンのコストを徹底比較していきます!

結論としてはケノンの方がコスト面からするとお得ということが言えます。公式ショップはこちらから

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

脱毛サロン「キレイモ」VS家庭用脱毛器「ケノン」をコストで比較!

ケノンは本当にコスパがいいのでしょうか?

今回は、参考として人気脱毛サロン「キレイモ」の料金と比較してみました。

脱毛サロン「キレイモ」の料金

キレイモの基本メニューは全身脱毛で、「月額定額プラン」と「パックプラン(回数制)」の2つの料金システムから選べます。

月額定額プラン 月額9,500円
回数パックプラン
  • 6回:114,000円
  • 12回:212,040円
  • 18回:290,700円

※2017年5月現在。いずれも税抜

月額定額プランでは実際にいくらかかる?

月額定額プランは、毎月9,500円+税を支払うプランです。「最低でも○ヵ月は通わなくてはいけない」といった契約は一切ないため、脱毛効果に満足できればいつでもやめることができます。

ただし、月額定額プランは「1度の施術につき半身のみ」となっており、さらに「上半身と下半身合わせて2ヵ月で1回」と決まっていますので、全身の脱毛を受けるためには最低でも2ヵ月通わなくてはいけません。

もちろん、1回受けただけで満足のいく仕上がりになるのは難しいため、ほとんどの人は2ヵ月以上通うことになります。

脱毛の効果は個人差が大きく、一概にはいえませんが、平均して12回ほどの施術を受けて満足する人が多いようです。

月額定額プランで12回の全身脱毛を受けるとなると、24回通う必要がありますので、費用は「9,500円×24ヵ月=228,000円(+税)」になります。

パックプラン(回数制)では実際にいくらかかる?

一方、パックプランは回数制です。6回・12回・18回のプランがあり、その回数分通うことができます。

キレイモのパックプランは、月額定額プランと違って「1度の施術で全身脱毛」が可能です。その分、1回あたりの所要時間はかかりますが、サロンに足を運ぶ回数は少なく済みます。

パックプランの料金は、6回で114,000円、12回で212,040円、18回で290,700円(いずれも税抜き)です。

月額定額プランと比較すると、パックプランのほうが料金はお得になります。たとえば18回の全身脱毛を受ける場合、月額定額プランでは「9,500円×36ヵ月=342,000円(+税)」となりますので、パックプランのほうが50,000円近くも安く済みます。

ただし、月額定額プランはいつでも好きな時にやめられるメリットがあるため、まずは月額定額プランで契約して、気に入ったら回数制に切り替える、という人も多いようです。

家庭用脱毛器「ケノン」の料金

次に、ケノンの料金を見てみましょう。

ケノンは家庭用脱毛器のため、かかる費用は「本体代」と「ランニングコスト」になります。ケノンのランニングコストは、おもにカートリッジ代です。

本体代 69,800円
カートリッジ
  • ストロング:9,800円
  • エクストララージ:9,800円
  • ラージ:7,700円
  • スキンケア(美顔):6,800円

※2017年5月現在。すべて税込み

ケノンでは、フラッシュが光る先端部分がカートリッジになっており、簡単に交換することができます。そのため、非カートリッジ式の脱毛器と違って本体を末永く使えますし、家族で共有する場合は自分専用のカートリッジを使うことも可能です。

ケノンのカートリッジの1発あたりのコスト&照射回数

ただし、カートリッジをあまり頻繁に交換しなくてはいけないとしたらコストがかかりますよね。

上記の表でご紹介した4種類のカートリッジの中でも、全身脱毛に使われるのはおもに「エクストララージ」と「ラージ」になりますが、実際に使用している人の口コミを参照すると、いずれも「多くて年に1回程度の交換で十分」とされています。

カートリッジの寿命は、照射レベルが高ければ高いほど、また使用する人数が多ければ多いほど短くなりますが、1人で定期的に全身脱毛をする限りは、年に1回の交換が目安です。

以下は、各カートリッジの1発あたりのコストと照射可能回数になります。

  照射レベル1 照射レベル10
エクストララージ 0.049円(20万発) 0.75円(1万発)
ラージ 0.0385円(20万発) 0.77円(1万発)
ストロング 0.011円(85,714発) 0.88円(11,111発)
美顔(スキンケア) 0.025円(20万発) 0.08円(42,857発)

この数字だけ見てもわかりにくいかもしれませんが、他社製品と比べてもケノンのカートリッジのコスパはかなり優秀です。

ケノンで全身脱毛する場合、1回あたり約700発の照射が必要とされていますので、たとえばラージカートリッジで最高レベルの10に設定したとしても、全身脱毛を14回できる計算になります。

ラージカートリッジの価格は1個7,700円。つまり、全身脱毛14回をたったの7,700円でできるということです!

これは、サロンでは考えられない低料金といえるでしょう。

しかも、ケノンのカートリッジは年々進化しており、最新の「プレミアムカートリッジ」では、なんと「ラージ」の20倍もの照射回数が可能となっています。

公式サイトによると、成人女性がプレミアムカートリッジを使って10日に1度のペースで全身脱毛する場合、照射レベルを最高の10に設定しても、およそ20年もつ計算になるとのことです。ちなみに家族3人で使った場合も、6年以上もちます。

ただし、プレミアムカートリッジは最新型のケノンに付属する形となっており、単品購入はできません。従来型のケノンとの互換性もないため、プレミアムカートリッジを利用するには本体ごと最新型に変える必要があります。

しかし、一度購入すれば20年間もカートリッジを交換しなくて済むことを考えると、決して高い買い物ではなさそうです。

ケノンVS脱毛サロン、料金的に安いのはどっち?

上記でご説明したことをわかりやすくまとめるために、「全身脱毛を2年間行なう場合のコスト」を比較してみましょう。

脱毛サロン(キレイモ) ケノン
初期費用 0円 69,800円
ランニングコスト 228,000円+税
※月額定額プランの場合
  • プレミアムカートリッジ:0円
  • それ以外:最高20,000円

キレイモでは入会金や年会費などはかかりませんので、初期費用は無料ですが、月額定額プランで2年間全身脱毛を受けるとすると、228,000円+税がかかります。

一方、ケノンでは本体購入費用がかかりますが、現在は購入時にプレミアムカートリッジが付属していますので、1人で使用するなら20年間は交換不要、つまりランニングコストは電気代以外ほとんどかからないことになります。

従来型のカートリッジは、年に1回交換すると2年で最高20,000円ほどかかりますが、ケノンを公式サイトから新規に購入する場合は割引価格で買えるため、実際にはさらに安い費用で済みます。

このように見ると、脱毛サロンの料金がいくら安くなったとはいえ、継続的に使用することを考えるとやはりケノンのほうが断然リーズナブルといえそうです。

施術部位別・サロンVSケノンのコスト比較

参考までに、全身脱毛ではなく部位別の脱毛のコストについても比較してみたいと思います。

キレイモでは部位別脱毛を行なっていないため、ここではミュゼプラチナムと比較してみました。

両ワキ 両腕 両脚 VIO
ケノン 100円前後 1,000円前後 4,000円前後 500円前後
ミュゼ 100円 144,000円~ 144,000円~ 108,000円~

両脚はエクストララージ、その他はラージカートリッジで照射した場合のおおよそのコストです。

ミュゼでは、両ワキ+Vラインのみ、回数無制限で100円で脱毛できますが(美容脱毛完了コース)、それ以外の部位ではケノンのほうが圧倒的に安い結果となりました。

しかも、現在販売中の本体に付属されている「プレミアムカートリッジ」なら、さらにコスパが良くなっているのです!

全身脱毛でも部位別脱毛でも、ケノンはサロンに比べて料金が非常に安いことがおわかりいただけると思います。

ケノンVS脱毛サロン、それぞれにメリットとデメリットがある?

コストで見ると、ケノンに軍配が上がる結果となりましたが、どのような脱毛方法にもメリットとデメリットがあります。

費用だけではなく、さまざまな観点から比較検討して自分に合った脱毛を選ぶことも大切です。

脱毛サロン ケノン
メリット
  • 自分で手の届かないところもきれいに施術してもらえる
  • クーリングや出力調整などをしてもらえる
  • 強力なレーザーで脱毛できる
  • コスパがいい
  • 自分のペースで脱毛ができる
  • 美顔機能も付いている
デメリット
  • コストがかかる
  • 予約がとりにくいことがある
  • 勧誘を受ける可能性がある
  • 痛みややけど対策などを自分で行なう必要がある
  • サロンの機器に比べると出力が弱い分、ある程度時間がかかる

たとえば「自分の好きな時に自分のペースで脱毛したい!」「サロンが苦手…」「家族みんなで脱毛したい」というような方には、ケノンのような家庭用脱毛器が最適です。

自分で定期的に脱毛するのがめんどくさい。会社や学校帰りのついでに通いたいという方は、脱毛サロンがよいでしょう。

どちらにもメリット・デメリットがありますので、ご自分にあった脱毛方法を選択するようにしましょう。

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

50万人以上が使う家庭用脱毛器第1位のケノン!

私たち夫婦が実際に使用している家庭用脱毛器がこちらの"ケノン"です!脱毛サロンに比べ破格の安さで脱毛ができ、使いやすくてしかも脱毛効果が高いので、ムダ毛の処理に困っている方におすすめできます。ちなみに購入者の約4割が男性ですので、女性だけでなく男性にもおすすめです!

※ ケノンは偽物も出回っていますので、それほど値段が変わらないのであればこちらの公式サイトで購入した方が安心です!特に外箱にバーコードのないものは要注意です!

ページの1番上へ戻る

Copyright (C) 2013.9.6~ ケノンの効果を夫婦で検証! All Rights Reserved.