TOP > ケノンの関連情報 > ケノンは妊婦や授乳中も使える?

ケノンは妊婦や授乳中も使える?

妊婦や授乳中でもケノンは使える?

妊娠中の女性は、ホルモンバランスの変化によって体毛が濃くなる場合があります。そこでケノンなどの脱毛器を使いたいと思う女性も多いのですが、ケノンでは妊婦および授乳中の人の使用を基本的に禁止しています。

妊娠中にケノンを使うと、痛みを感じやすい!?

ケノンの説明書を読むと、妊娠中や授乳中の女性の使用は控えるよう指示されています。またメーカー側は、どうしても使用したい人には「事前に医師に相談を」という姿勢をとっています。

とはいえ、ケノンのフラッシュ自体が体に悪影響を及ぼすわけではありません。フラッシュはあくまで毛根や毛乳頭に働きかけるものですので、体の深部にまで届く心配はないのです。

それにも関わらず妊娠中・授乳中の使用を制限されている理由としては、まずこの時期の女性のホルモンバランスが乱れやすいことが挙げられます。

妊娠中はいつもとは体の状態が異なりますから、普段は肌が丈夫な人でもデリケートになっている可能性があります。

もともとエステでのニードル脱毛やレーザー脱毛も、生理中は避けるように言われることが多いのですが、これも生理中の体は敏感になりやすいためです。

妊娠中となれば、さらにホルモンの変化は顕著ですから、肌に優しいケノンでもいつもより痛みを感じてしまう可能性が高くなります。

ケノンは授乳が終わってからの使用を!

もう1つの理由が、脱毛効果です。妊娠~授乳している女性の体は一般的に毛深くなりますが、これもホルモンの分泌によるものです。また反対に体毛が薄くなる女性もいます。

ですからこの時期に無理に脱毛をしても、本来の効果が得られにくい可能性があります。やはり普段の安定した肌に使用するのがもっとも効果的ですから、授乳が終わって生理が再開してからケノンを使うことをおすすめします。

他にも脱毛する際に無理な体勢をとってしまったり、脱毛前後の冷却で体を冷やしてしまったりするリスクもあります。こういった理由から、メーカー側は妊産婦の使用を制限しているのでしょう。

ですからケノンのフラッシュ自体が赤ちゃんや母乳に影響することはまずありませんが、むしろママの体のために使用を控えたほうが無難だといえそうです!

50万人以上が使う家庭用脱毛器第1位のケノン!

私たち夫婦が実際に使用している家庭用脱毛器がこちらの"ケノン"です!脱毛サロンに比べ破格の安さで脱毛ができ、使いやすくてしかも脱毛効果が高いので、ムダ毛の処理に困っている方におすすめできます。ちなみに購入者の約4割が男性ですので、女性だけでなく男性にもおすすめです!

※ ケノンは偽物も出回っていますので、それほど値段が変わらないのであればこちらの公式サイトで購入した方が安心です!特に外箱にバーコードのないものは要注意です!

ページの1番上へ戻る

Copyright (C) 2013.9.6~ ケノンの効果を夫婦で検証! All Rights Reserved.