TOP > 毛周期を狙ったケノン照射

毛周期を狙ったケノン照射

毛周期を狙ったケノン照射で効果的に脱毛ができる!

ケノン"2週間に1度の照射が最も効果が高い!"と言われています(^^)

毛の毛周期

毛というのは成長期退行期休止期というサイクルを持っています。これを毛周期といいます。髪の毛ではヘアサイクルとも呼ばれたりします。

成長期には毛が成長します。退行期に入ると毛の根元にある毛球の退縮が始まり、休止期に入ると完全に毛の成長が止まります。

休止期に入った毛は、古い毛が自然と脱毛し新しい毛が生え始め、また成長期に入ります。

毛というのはこれら3つの行程を繰り返しながら、脱毛したり成長したりを繰り返しているのです。毛というのはこのサイクルを2週間に1度の間隔で繰り返しています。

ケノンは強い光を照射することにより、毛球部を破壊し毛が成長するのを抑制します。また、新たに毛が生えてくるのを防ぐ効果があります。

ケノンの照射は「成長期」が最も脱毛効果が高い!

毛は成長期退行期休止期と3つの行程を繰り返していますが、それぞれ毛の状態というのが異なっています。下の表をご覧くださいm(_ _)m

成長期 毛根にある毛球部の細胞が盛んに活動し、毛をどんどん成長させます。毛全体の2割程度が成長期にあたります。
退行期 毛球部が退縮していき、毛の成長が衰えていきます。
休止期 毛の成長が完全に止まり、いつでもすぐに抜ける状態です。新しい毛を生やす準備をします。

毛の状態は、成長期・退行期・休止期で以上のようになっています。

ケノンの光は毛球部にある細胞を破壊しますので、成長期の毛に照射することが最も効果的です!

逆に退行期や休止期の毛に照射したとしても、すでに毛球部にある細胞は退縮して死んでいますので、ケノンをいくら照射しても意味がないのです。

冒頭で成長期は2週間に1度の間隔で訪れると解説しましたが、ケノンは成長期の毛に照射しないと効果がないので、毎日照射したとしてもほとんど意味はないのです。

成長期の毛は全体の2割程度ですから、2週間に1度の間隔でケノンを複数回照射し続けることによって、成長期にあたる毛に効率よく照射することができ、全体をきれいに脱毛することができるのです!


以上が、毛周期を狙ったケノン照射の解説です!

早く脱毛したいがために毎日照射したい気持ちもわかりますが、毛には毛周期というものがありますので、2週間に1度やれば十分効果的なのです!

また、毛周期がありますので1回の照射ではあまり効果はみえなくても、2回目、3回目と照射回数が進むうちにどんどん効果が現れてきますのでご安心ください(^^)

私たち夫婦が毎日使っている脱毛器がこちら↓

私たち夫婦が実際に使用している家庭用脱毛器がこちらの"ケノン"です!脱毛サロンに比べ破格の安さで脱毛ができ、使いやすくてしかも脱毛効果が高いので、ムダ毛の処理に困っている方におすすめできます。ちなみに購入者の約4割が男性ですので、女性だけでなく男性にもおすすめです!

※ ケノンは偽物も出回っていますので、それほど値段が変わらないのであればこちらの公式サイトで購入した方が安心です!特に外箱にバーコードのないものは要注意です!

あなたのケノン使用体験談を書いてみませんか?

ページの1番上へ戻る

Copyright (C) 2013.9.6~ ケノンの効果を夫婦で検証! All Rights Reserved.